ブーログ › 鮎モニター釣師ブログ | 豊田市矢作川で鮎を釣る人たち

2017年05月11日 19:32  

5月11日の釣果

こんばんは。

今年も、いよいよ始まりました。

朝 7時頃小渡に到着   満員御礼の為Uターンして かわごへ


釣果     39尾

サイズ    10~17㎝

時間     7:30~17:00

仕掛け    複合メタル 0.05 針 7号4本イカリ


朝早い時間は釣れませんでした。

10:00頃から ポツポツと掛かりはじめました。





鈴木敦喜  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(4)

2017年05月11日 02:39  

祝!解禁

おはようございます。

いよいよ2017年の開幕です。
昨晩は弱い雨が降りましたが、
河川への影響はなく
無事に解禁日を楽しめそうです❗

どんなアユが迎えてくれるのか
楽しみですね

楽しいシーズンにしましょう!

椿 隆明  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(4)

2017年05月09日 18:10  

解禁前の雨はどうか?

こんにちは。

矢作川解禁がいよいよ明後日に
迫ってまいりました。

気になるのは今夜から明日にかけて
降るであろう雨ですね。
天気予報から目が離せないのは
私だけではないはずですよね。

恒例のこれ!



こんな時はわが家の、「アユてる坊主」の出番。
子どもか!と言われそうですが・・・
そんなことはどうでもいいんです。

とにかく解禁日は晴れて欲しい!
濁らないで欲しい!

よろしくお願いいたします。

解禁話しに夢中になっていますが、
天然アユの遡上も好調で、7日現在の
水源左岸魚道の遡上は、55万尾を越えました。
いまだに良型のようです。

椿 隆明
  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(1)

2017年05月07日 10:27  

5月7日上流を川見してきました!

こんにちは。

矢作川解禁まで、あと4日です。

昨日はさほど細かく川見が
出来ませんでしたので・・・
早起きして上流へ行ってきました。

主要地点の水温は以下の通りです。

笹戸橋下流 12.5℃(6:30計測)
平畑囮屋前 14.5℃(6:45計測)
うつな瀬   14.0℃(7:00計測)
小渡やな上流 14.0℃(7:20計測)

やはり今年は春の訪れが遅れたので
水温上昇も遅れています。
例年より2~3℃水温が低い状況ですね。
解禁日も今の天気予報でいくと、
同じような水温で迎えることになりそうです。
早朝はかなり渋い状況になると思いますので、
オトリの循環をうまく行ってください。
昼前くらいからが勝負かな?

・・・ということで、私のポイント予測!
競馬の予想みたいなものですので、
当たるかどうかはわかりませんが、
遠方よりお越し下さるお客様の参考に
なれば幸いです。

【本命】
・小渡やな上流

【対抗】
・小渡やな下流
・寿楽荘下(中段より下流)

【穴】
・うつな瀬の中段より下流

結構、具体的に表記しましたがあくまでも私の
予想ですので・・・ご容赦くださいませ。

水温が上昇すれば、比較的水深のある瀬でも
釣れると思われますが、ひざ下の水深で波立つ
所が狙い目になると思われます。


「大穴」予想したうつな瀬の流れです。
ここ数年、解禁日はあまり良くなかった場所
ですが、今年はかなり石が綺麗です。
中段付近では流れが複雑になっていて
とても攻めにくいところですが、丁寧に探れば
数がでるポイントで、私の好きなポイントの
一つでもあります。

では・・・楽しい解禁をお迎えください。

椿 隆明
  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(0)

2017年05月06日 16:51  

5月6日試験釣りの結果と所感

こんにちは。

矢作川解禁まで、あと5日。
今日は上流部で解禁前の試験釣りが
実施されました。
(10:00~12:00)

今日は各ポイントとも水温が低く
釣果もあまり良くなかったようです。
各地点の釣果は次の通りです。

下流より・・・

【寿楽荘下】 2時間/1人
        釣果 19尾
        サイズ 12~16㎝
        水温は未確認

【平畑囮屋前】 2時間/2人
          釣果 なし
          水温は未確認

【じろう・かわご】 2時間/1人
           釣果 12尾
           14~16.5㎝
           水温 14.5℃
           *カワゴ釣果は1尾

【うつな瀬】 2時間/1人
        釣果 5尾
        サイズ 15~17㎝
        水温 14.5℃

【小渡やな上、下流】 2時間/1人
              釣果 18尾
              サイズ 14~16.5㎝
              水温 14.2℃

【高瀬】 2時間/1人
      釣果 なし
      水温 14℃

【時瀬】 2時間/2人
      釣果 なし  
      水温 14℃


平畑の下流、寿楽荘下の様子。
アユのサイズは小さいですが、下ほど石色が良い。
瀬を上り切れずに瀬尻で群れている感じです。
中段付近の淵にある岩盤にハミ跡が見られる
ようになれば、全体的に釣れるようになると思います。


毎年、好釣果に恵まれる平畑の囮屋前。
今年は魚影が薄く感じました。
下からの差し込みがあれば状況は変わると
思いますが、石色を観ながら様子見といった
ところではないかと思います。
所々黒く磨かれた石はあるように見えますが、
群れているだけなのかもしれません?


小渡やな上流。
毎年、安定しています。
ここは比較的アユが散らばっているように
感じました。
水深がひざくらいの浅く、水通しが良い場所での
反応が非常に良かったようです。
石裏にも縄張りを持ったアユが目視できたので、
解禁日にも良い釣果が期待できるでしょう。


小渡で釣れたアユ。
良く肥えていて、しっかりコケを食んでいるようです。


文句なしの背掛りと追星し☆キラリ
たまらん瞬間ですね!


★私の全体的な印象と解禁日のポイント★

今年は昨年よりかなり場所ムラがありそうです。
流れの強いところでも、その周辺の緩いところの
石が綺麗で、ハミ跡があれば釣れると思います。
試験釣りが終わった昼過ぎに水温が1℃上昇(小渡)。
今まで見えなかった場所にもたくさんのアユの姿が
確認出来ました。
もう少し水温が上昇すれば(18℃以上)、
今日は釣れなかった水深のある瀬でも
良く追ってくると思われます。

私は釣れる場所がどうこうではなく、
今のアユのコンディションが良いか?
きちんと瀬で釣れているか?
を重点に観察しています。
要するに「アユが元気か!」が
大切なポイントになります。

試験釣りで見逃してはいけないことは
このことだと思います。

小渡の状況だけしか、しっかり観れません
でしたが、今のところ大丈夫そうなので
安心しました。この状況が維持できれば
いつかは釣れるようになります。

いずれにしても・・・マナーを守って、
楽しい解禁を迎えましょう!

椿 隆明




  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(0)

2017年05月05日 18:41  

天然遡上いいぞ!

こんにちは。

5月に入りました。
矢作川解禁まであと6日です。

天然アユ遡上もかなり好調で、
水源左岸の自然遡上が4日時点で45万尾。
右岸の汲み上げも500kgを越えています。
多い時で、8kg/5分のアユを採捕。
(平均:7~8g/尾)

この汲み上げアユですが、上流部に放流されたアユを
動かすための起爆剤として小渡周辺にも
放流されています。
今年からの取組みとしてある程度漁協の池で
畜養してから、冷水病が落ち着く7月頃に
矢作川全線に放流される計画になっています。

今年の天然アユは下流で餌をたくさん食べている
らしく、とてもよく肥えているようです。

さて、明日(6日)は笹戸より上流部で
試験釣りが実施されます。
上流部の放流アユの生育も順調のようなので
どんなアユが釣れるか楽しみですね。
時間は10:00~12:00です。
興味のある方は是非見学に行ってみてはいかがでしょう?


連休を利用して妻の実家に帰省してきました。
甘露煮にいいであろう醤油を仕入れてきました。
(左側は今まで使っていた醤油です)


モニター仲間の田渕君から昨年のアユを
いただきましたので、早速試作です。

甘露煮にして前夜祭で味見してもらおうと思います。
あ~楽しみです。
このワクワク感がたまりません!
早くハナカンを通したい。

椿 隆明
  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(0)

2017年04月29日 18:32  

天然アユの遡上が順調に!

こんにちは。

G/Wに突入しました!

矢作川解禁まで・・・あと12日です。

矢作川の天然アユ遡上も春先の渇水と
低水温の影響を受けて遅れていましたが、
活性化してきています。

河口より35km地点にある明治用水頭首工
(水源)の左岸魚道のカウントが30万尾を越えました。
今日より右岸魚道での特別採捕の準備が始まり、
上流への汲み上げが開始されます。
ダムが多い矢作川は、アユもトラックに乗って
上流へと運ばれて行きます。
ダムには魚道があるとは言え、遡上の邪魔になって
いることは間違いなく、上流のダムに行くほど
魚道を通る天然アユは減少していきます。
それを補助するのが、「汲み上げ放流」の考え方です。

矢作川の天然アユは追い始めるのが例年遅く、
友釣りの対象となってくるのは6月中旬~梅雨明けに
なってきます。
ちょうど上流部の放流アユと入れ替わる形で釣れ始める
のが理想の状態なのです。

昨日、天然アユ調査会の会合があったので
久しぶりに参加してきました。
愛知県水産試験場の方が矢作川下流の藤井堰での
捕獲調査結果を紹介してくださいましたが、
今年の矢作川天然アユは過去8年間で、
もっとも大きい魚体だと話されていました。
特に体重があるそうです。
スタミナたっぷりの元気なアユということでしょうかね?

先ほど越戸魚道を観てきましたが、
ここでも元気よく型の良いアユがジャンプしていました。
この連休中に見ごろを迎えることでしょう!
すぐ近くで遡上の様子が観察できるので
ここはお勧めです。ぜひ見学に行ってみてください。
場所は矢作川漁協事務所の奥になります。

矢作川の天然アユ!
今年も強烈な引きで私たちを楽しませてくれる
ことを期待したいと思います。

椿 隆明
  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(0)

2017年04月27日 04:20  

川底改善作戦

こんにちは。

阿摺ダムの下流、約700mにある
「ソジバ」の川底に石が投入されました。
*4/26の中日新聞朝刊の豊田版に関連記事あります。


ソジバの流れです。(石投入前4/23撮影)
20年くらい前までは、大アユが良く釣れた
良い釣り場でしたが、ここ十数年で状況は一転。
川底の石は藻類ではなく、コケに覆われて
アユの居つく場所ではなくなっています。

その影響はかなりの範囲で下流へと
広がっていて、中流の広瀬地区の釣れ具合は
年々悪くなっているのが現状です。

なんとかその改善策を見出そうと動き始めたのが
このプロジェクトです。


コケで覆われた石(昨年、富田の瀬で採取)
これではアユは育ちません。


ソジバに投入される前の石です(4/23撮影)
上流の矢作ダムに溜まっていたもので、
直径20㎝程度のものを選別して
運んできたようです。

今後は矢作川研究所と天然アユ調査会が
連携して、川底の状態や縄張り行動がでるか?
定期的に釣獲してアユの成長具合や釣れ具合を
調べていく計画になっています。

良い改善策に結びつくことを祈るばかりです。

椿 隆明
  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(0)

2017年04月23日 19:15  

5月23日上流部の様子

こんにちは。

用事があって上流部を通りがかったので
川を観察してきました。


解禁はもちろん、シーズンを通じて
人気の高い釣り場、小渡やなの上流部です。

小渡支部の皆様によって、鵜よけの
テグスも細かく張ってあります。

川の中にアユを確認することは
出来ませんでしたが、アユが居るであろう
流れになりつつあります。
石にも新アカが付き、所々アユによって
磨かれているところもあるようです。


先日の増水でできた水たまりです。
聞くところによりますと、ずいぶんとたくさんの
アユがここに取り残されていたようで
小渡支部の皆様で救出していただいたようです。
ありがとうございます。


こちらは小渡支部所属のモニター山崎君です。
早朝から草刈りを頑張ってくれていました。
今日は支部の草刈り(河川清掃)だったようです。
これまた、ありがとうございます!


こちらは平畑の囮屋前です。
ここも上流部ではかなり人気のポイントです。
解禁日にはたくさんの釣り人で賑わうことでしょう!

アユが川に入り、流れに艶が出てきました。
ジリジリと照り付ける太陽の下で・・・
早くアユ釣りがしたいなぁ~!

余談ですが・・・道中、山から二ホンカモシカのでっかい
のが出てきて、びっくり!しました。
皆さん、気をつけてくださいませ。

椿 隆明
  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(0)

2017年04月20日 20:50  

解禁前の試験釣り

こんにちは。

解禁前の試験釣り日程が決まりました。

5月6日(土) 10:00~12:00

場所:笹戸より上流
    (平畑地区、小渡地区、時瀬地区)


*写真は昨年の試験釣りにて小渡やなの
 上流部で釣れたアユ(約16㎝)

限られた時間ですが、興味のある方は
ぜひ足を運んでみてください。
見学は自由にできます。

矢作川の場合、解禁当初(初期)は上流部の
放流アユがメインになります。
今年は放流アユの生育が良く、型の良いアユが
釣れるのでは?と期待しています。

尚、当日の河川状況によっては試験釣りが
中止となる場合があります。
その際は、当ブログを通じて前日までに
ご連絡いたします。

椿 隆明  
  • LINEで送る


Posted by モニター釣師 │コメント(0)